메뉴 건너뛰기

simplegifts

数学の勉強法に対しては、人の数だけやり方が飛び交っています。ところが今のところ大学受験を考えても、文系の受験生でも数学が入試教科に含まれていることがスタンダードです。要は、いかなる考えをしても長期間数学を捨てるのは無理なようです。

といった状況に反して、数学の苦手な子がいっぱいいるのも否定できません。そういうわけで、数学の勉強法における、自分が最重要点を紹介したいと思っています。

1点目は、基礎の問題からやっていくということです。

数学の問題がちんぷんかんぷんなので苦手と感じている学生がほとんどだと思います。数学の問題は難しい簡単の幅がとても激しいため、解けない問題やひねった問題からやってしまい分からない状態が経つと、毛嫌い意識が生まれてしまいます。

モチベーションは、数学の学習に限らず大事です。モチベーションが低下しないように、やさしいものからやり始めて徐々にレベルアップしていくのが大切です。特に数学の苦手な学生は、難問は初めは避けるのが一手です。

2点目は、時間を設置して学んでいくということです。

数学というものは、分からなくなると莫大な時間を使ってしまうという状況になってしまいます。1時間経ったが1問も終わらなかったというケースは常にあります。しかしながら、このようなやり方では、全然役に立たないわけで、数学の勉強法としてはどん底です。

数学の苦手な子の発言を聞いていると、数学は勉強に時間が多くいるので後回しにしているという学生が多く存在します。納得いくまで考えて解答が発見できないときは、答えを見るようにするのが数学の勉強法としては最善です。

3つ目は、解答のパターンをたくさん記憶するということです。

釈迦に説法ですが受験数学の問題は、難問は横に置いておき、それ以外の8割方の問題はパターンに分類されます。つまり、対象となるもののある性質を使用すると解けるわけです。逆に言えば、その性質を把握しているかどうかを、入試問題で学校側は見ているとも考えられます。

つまり、たくさん問題を解くだけでは意味はなく、この問題はあの問題と類似パターンといったことを認知できるようにならないといけません。それが理解できるようになるのが、数学の苦手克服というわけです。

3つほど数学の勉強法のポイントを紹介しましたが、コツを掴むと数学は誰でも分かるようになる教科ですので、諦めず努力しましょう。

If you have almost any questions about where and also how to use 数学の解き方が思いつかないなら, you'll be able to e-mail us with our webpage.